天堂の3DSのとびだせ どうぶつの森

今日はお仕事が終わってから、いまはまっている任天堂の3DSのとびだせ どうぶつの森をするために家にまっすぐ帰りました。

どうぶつの森は発売されたのは何年も前ですが、最近友達がやっていてすごくやりたくなって買ってしまったもの。

久々にやると楽しくまたむかしやったときよりも3Dになっている分楽しみかたも増えバリエーションもたくさんあってむかしよりも熱中している気がします。

どうぶつの森のおかげで早起きになったり、夜更かししたりとどうぶつの森中心の生活になっています。

これがいわゆるゲーマーなのか。。。

二時間ぐらい楽しんだあと、だいすきなクリームパスタを作って甘いものが無性に食べたくなりコンビニにアイスを買いに行き、まただらだらしながらどうぶつの森。

明日はお休みなので存分にゲーマーになりたいと思います!

ゲームをしている時が本当に至福の時です。

Leave a Comment

Filed under 生活情報

この世には目指したらなれることがたくさんありすぎる

目指したらなれることや目指したらできることが多過ぎると思います。

自分勝手にやられたら、周りはその間目指されて、それでも尚そこにいなければなりません。違うことだったらどう思ってればいいんですかね。嫌な思いはしますよね。

そんなに目指されて、目指されて、もういいって思ってる方はそれでも見てたり考えたりしなきゃならないんですよ。

相当心外はありますよね。もうそうしてる場合ですよ。もうそうでいいと思って過ごしてる時に何かを目指されてるんですよ。

嫌でも心外ですよね。こっちも何かしなきゃならないんでしょうかっていうくらいもういいって言ってるのに、周りがやってるからじゃなくて多分まじでその人だけがそうしたいんじゃないかと思って、もう考えることがそんなんなって、ぼーっとしてたら何がダメなの?

目指してるから足手まといにでもなってるんですか?

Leave a Comment

Filed under 生活情報

クリアネイルショットで成分は抗菌がメイン

クリアネイルショットの成分には抗菌成分や保湿成分などが使われていますが、やはり爪水虫対策としてのメインとなる成分は抗菌成分ですね。

公式サイトでは何やら難しいカタカナで示されていましたが、竹酢液にしても、テルピネン-4-オールにしても、シトラールにしても水虫菌である白癬菌を殺菌するためには有効な成分です。

特に注目したいのは竹酢液を利用しているところですね。竹酢液の利用法としては美容や健康などいろんな利用方法があると思いますが、一般的に民間療法として知られている水虫対策にも使われているのが竹酢液です。

優れた殺菌作用があり、薄めて使ったこともある人もひょっとしたらいるかも知れないですが、地道に実践している人程水虫対策に効果があったと言っています。

クリアネイルショットの場合は、クリアネイルショットは【効果なし?】口コミと楽天とアマゾンの通販でも説明されているように、その竹酢液にさらに強力な抗菌効果のある成分が含まれているので、効果は期待できると思いますよ。

それに爪の健康に有効な成分も含まれていますしね。保湿力を高めたり、爪の成分であるケラチンの生成を助けたりする成分が。

Leave a Comment

Filed under 生活情報

孫社長は本当にすごいですね。

孫社長がまたとんでもない企業買収をするみたいですね。その昔ボーダフォンを買収する時も過去最高の買収金額としてテレビでは大きく報道されていましたが、今夏もまた過去最高金額ということで、ビジネス系の報道ではこの話をしないところがありません。

ソフトバンク孫社長の大勝負 ARM買収|NHK NEWS WEB

イギリスの会社で今後将来的に活躍するであろう、Iotの分野で重要な役割を果たす企業ということですが、やはり1代築き上げてきた孫社長だからこそできる今回の買収案件ではなかったかと思います。

財務的にはそれほどリスクはないと孫社長は言っていますが、それでも一般的な他の大手企業のサラリーマンの社長ではできない買収劇だと思います。

ニュースステーションでもこの話は取り上げられていましたが、コメンテーターも孫さんにしかできない、と言っていましたね。

日本の企業ももっと孫社長みたいな人が増えてくれたらきっともっと景気がよくなると思うんですが・・・

Leave a Comment

Filed under テレビ関係

暑い季節は塩分を求める。

暑いの季節になると、スポーツドリンクなどのような少ししょっぱいドリンクが人気を集めるようになりますが、これってなぜだか知っていますか?

脱水症状の対策として飲まれるこれらのドリンクには塩分が入っているからなんですね。

人間の体にある体液、例えば鼻水にしても涙にしてもそうですが、塩分が含まれています。

人の体には60兆個の細胞があると言われていますが、実はこれらの細胞というのは、海水のなかに浮いているようなものなんです。

脱水症状がでてきたときには、水が失われると同時に塩分も失われてしまっています。つまり体中から塩分が足りない状態に陥ってしまっているんですね。

そうなると、人の体は必要なものを求めるようにできているので、塩分のあるドリンクをもとめるようになるわけなんです。

夏の暑い季節になれば、こうしたドリンクがなければ、もしかしたら多くの人の健康体を維持できない、なんていう事もあるかも知れないですね。

Leave a Comment

Filed under 生活情報

暑さとカビ

8月前後の暑さがひとつの節目ついた9月というものは、割りかし大雨が降り落ちたり、台風がやってきたりと湿気もあって、外気温もまだまだ高水準のので、カビが生えやすくなります。カビは病気の原因になります。 

たとえば、アスペルギルスというカビは、臓器の疾病をひき起こしたり、クリプトコッカスというカビは肺や脳の疾病が引き起こされす。 

だけれど、これらについては例外的です。 カビとして一番初めに頭に思い浮かぶのは、水虫です。水虫は、白癬菌と呼ばれるカビが肌や爪に紛れ込んで入って起こす病気の状態です。 乳児のおむつかぶれや、女の人の腔炎の疾病の原因となるカンジダというカビも注意が必要です。 

日ごろより食べ過ぎを慎んで、熟睡をよく取って、エクササイズも充分して抵抗力を高め、スタミナを高くすることが、カビとそれから来る病気を予防できます。 漢方的にいうと、水虫やおむつかぶれ、腔炎にかかりやすい人は、普段からやみくもに水気を摂取して、汗もいっぱい、それとなく肌や粘膜がウェットな人がなりやすいようです。カビは湿気の多いところにしか生えないのです。 

よって、お風呂や温泉、サウナにしっかり入って、汗を非常に多くかき、その後にしつかりふき取って、肌をあんまり湿らさ無いようにした方が良いでしょう。 

ですが、カビも醤油や味噌などといったように、人間にとって大切なものをつくる力もあります。 抗生物質そのものもカビから見つけられているのです。 

カビも一括りにして悪者だとは言えません。普段から普通の健康状態でいれば、カビによる疾病は発生しないのです。

Leave a Comment

Filed under 生活情報

漢方でいうところの水毒って・・・

暑い季節になると、水分を摂ることが多くなります。もちろん、汗をたくさんかいたときなど、水分補給は必要です。熱中症になってしまいますからね。

ですが、実は水の「飲みすぎ」は病気の元にもなります。
 
日本人の死亡原因の心筋梗塞は、常に原因の上位に来ています。また、脳卒中(脳梗塞など)も非常に多いです。

これら心筋梗塞、脳梗塞の原因である血栓症の予防のためだとか、血液をサラサラにするためにと「水をたくさん飲むように」と指導された人もいると思います。

確かに、水というのは空気の次に大切なもの。飲まなければ、3日以内に死んでしまいます。

しかし、考えてみてください。

雨が降りすぎると「水害」が起こります。また、大気中に水分が多くなると「不快指数が上がる」といいます。梅雨の時期には不快指数が上がるでしょう。

体の外に水分が多いときでさえ、これだけ不快なのですから、体の中に入ったときにはもっと不快なはずです。
 
体の中に水分がたくさん入って外にうまく出せない状態のことを、漢方では「水毒」といいます。

Leave a Comment

Filed under 生活情報

ストレスはある程度感じることが必要!

不慣れな生活によっていろいろとストレスというのは溜まっていくものです。

もともと「ストレス」というのは、ノーベル医学賞を受賞したカナダのセリエとい
う医学者がっくった概念です。

現代では、ストレスは悪者扱いですが、かといって、ストレスがまったくないのもよくありません。たとえば、重いものを持って筋肉にストレスをかけ続けると、徐々に筋肉は大きく力強くなります。そのあと、少々重いものを持っても、重いとは感じなくなります。

それと同じで、まったく平穏無事な安穏とした生活をしていると、体が怠け、心もダラツとします。いろいろな病気にもかかりやすくなります。

つまりストレスはある程度はあった方が良いのです。

たとえば、週2回ほど熱めのお風呂に入るのもいい意味でのストレスをかけること。熱さによって全身の60兆個の細胞から「HSP(ヒートーショックープロテイン)」というタンパク質がつくられます。

これは傷ついた細胞のタンパク質を修復し、新しいタンパク質をつくり出す。

それによって全身の健康がアップするのです。白血球もタンパク質でできているので、免疫力も上がります。

このようにストレスはすべてが悪いのではなく、対処方法によっては健康を促進したりすることにもつながっていきます。

Leave a Comment

Filed under 生活情報

時間の大切さ。

最近の悩みは、本などを読みこなすだけの時間がないことですね。

その結果、だんだん朝早く起きて、夜おそく寝るほかなくなってしまったわけ。計算してみると、二、三年のうちには、私の眠る時間はゼロになってしまうほかなさそうですよ」 私の友人の雑誌編集長がこう嘆いているが、これは彼が雑誌の編集長だからそうなのだろうと思ったら大間違いである。読まなければならない資料の洪水に押し流されているのは、ほとんどのビジネスマン、専門家、科学者、技師、エコノミスト、管理者、医者、弁護士、教師など、たくさんの人たちの典型的な苦情なのである。 それだけではない。 

「じっさいぼくは今日一日中なにをやってきたんだろう? やりたいことはたくさんあったのに……。いろんな友人に会うことだって……。かねがね考えておいたプランを実行することだって……。読みたいと思っていた本を読むことだって……」 こんなぐちをこぼす人もたくさんいる。

多くの人が、これもしなければならない、あれもしなければならないという緊張感と圧迫感に悩まされ、時間の足りないことを嘆いているのである。 

世の中が高速化してくるにつれて、生活における時間の観念も高速化してきた。 時計までがそうである。われわれのおじいさんのころの時計といえば、非常に長い振子をもっだ柱時計で、その重々しい音はこう告げているようだった。

「時間はんあります。時間はたーくさんたーくさあり-ます」ところがいまの時計は、時を刻む音も速くなって、「急げ! 急げ! 急げ!」とわれわれをせきたてているようである。 

稲垣史生という人が著した『時代考証事典』という本によると、江戸時代で最も短い時間をあらわすには二四分が限度だったという。

「寅(とら)の上刻」とか「丑(うし)の三点」などといろいろな言い方をしても、一刻すなわちこ一〇分の五分の一にあたる二四分より短い時間の長さは表現できなかった。

では「四、五分待ってくれ」というときなどはどうしたのかというと、「ちょっと一服する間」とか、「ゆっくり百数えるぐらい」で用が足りたそうである。 

これに較べると、今日の生活は文字どおり分秒が争われている。しなければならないことの量が加速的にふえているだけでなく、時間に対するわれわれの感覚も加速化されているのである。 

このような時代にあっては、学生だろうとビジネスマンだろうと家庭の主婦だろうと、毎日、より少ない時間でより多くのことをやりとげ、自己改善のチャンスをつくり、レジャーや家庭サービスの時間もふやし、そして収入と生産性をあげようとするには、どうしたらよいだろうかを考えるのは当然のことである。

Leave a Comment

Filed under 生活情報

乳酸菌で体臭改善も可能。

乳酸菌が流行し始めてからだいぶたちますが、実際に乳酸菌は人の体を健康に導いてくれるとても大事な栄養素ということができます。

腸のなかは常に悪玉菌と善玉菌の比率がバランスよくある必要がありますが、このバランスが崩れてきてしまうと、人はだんだんと免疫力の低下に悩まされ、風邪をひきやすくなったり等、病気になりやすくなります。

乳酸菌がどうして腸のなかの悪玉菌と善玉菌のバランスとってくれるかというと、それは善玉菌の餌になるからなんですね。乳酸菌が。

つまり、減少しがちな善玉菌を常に繁殖させることができるというわけです。

ヨーグルトでも、発酵食品でもなんでもいいと思うのですが、乳酸菌を毎日の食生活に取り入れることは健康長寿にとって必須といってもいいのではないでしょうか?

Leave a Comment

Filed under 生活情報